« 秘訣? | メイン | ベルリンは遠かった...(その2) »

ベルリンは遠かった(その1)

毎年恒例のパリでのMusicAlpコンサートを終え、ベルリンへの帰路に着いた。ところがなぜか旅行となると私の人生はいつもここからが始まりで、なんだかんだ(?!)が付いてくる。

今回はなかなか充実していた。

朝9:50発の飛行機を目指し、Dと空港行きの電車に乗った。ここから30分ぐらいだね、と言ってDがウトウトし始めた矢先、車内アナウンス。

「電車のxxxにより(......よく聞こえないのがまたパリらしい)、ここでしばらく停車します。発車時刻は未定です」

がーん。(;'∀')

空港ではただでさえあまり時間に余裕を見ていなかったので、や・ば・し。

どうする、待つ?降りる?

発車見込みなし...と言った感じのアナウンスだったのでDが

唯一飛行機に間に合うとしたらタクシーだけど、タクシー見つかるかな。とつぶやいたところ、
斜め前にいらした方が、駅前にタクシーありますよ!というので電車を飛び降りた。

駅の改札出口に向かっていると、次のアナウンスが聞こえた。

「空港行きの今後の電車は一番線に全て来ます!」。これを機に民族大移動のようにスーツケースを持った人が電車から流れ出て、みんな階段を渡り一番線に向かった。
表示によると電車は1分でくるという。

ところが待てど暮らせど来ない。時間が進むにつれ焦り、やはり駅前に出てみた。

すると、タクシーなんて夢のまた夢。ぜーんぜんなし。閑古鳥ピヨピヨ の駅である。どうにも困り果てて、駅前にいたフランス人に「タクシー乗り場は」ときくと、いやぁ、タクシーがないので僕も今会員になってるタクシー会社に電話したけど来るまで10分かかると言われた・・・と。 パリの10分だから30分は来ないだろう。

しかも会員制タクシーで、私たちは電話できないという。

10分ぐらいタクシーをまったが、全く気配なし。というわけで再び駅のホームへ。

この時点でほぼ飛行機は乗り過ごしたに近かった。

ようやく空港行きの電車が来た。普通に行けば、最終搭乗時刻の5分前に空港に着く。飛行機は最終ギリギリ15分前まで搭乗できるはずなので、いつも遅れるエールフランスが遅れてくれていたら、まだ奇跡的に間に合う可能性は1%ぐらいあるので、Dと私は着き次第ダッシュできるよう、パスポートなどを手にスタンバイしていた。

私たちが降りるのは終点のターミナル2。その1つ前のターミナル1駅に着いたところで、よし、次だと意気込む。

すると、乗客がどんどん電車を降り始めた。耳をすますと

「モゴモゴ......終点...モッゴモゴ.........」

と全くを持って解釈不可のアナウンスが流れている。何れにせよ全員降りる様子だ。

ここで、チーン。。。(-.-) 

私たちの飛行機乗り遅れが確定したのだった。ナムナム・・・

(続く)