« ベルリンは遠かった(その1) | メイン | ベルリンは遠かった (最終回) »

ベルリンは遠かった...(その2)

(前回の続き・・)
駅員に近づくと、
ターミナル2に行く人は上の階に行ってシャトルに乗って!と言っている。この電車はここで終点に変更になったの。だと。

はぁ?( ゚Д゚) ここで終点にかわった??? なんじゃそりゃぁ・。・

Dと顔を見合わせ、疲れがどーんと出たまま、またもや民族大移動。 スーツケースゴロゴロ持ってみんな上の階へ。シャトルが出ているというところに行くと、かなり大きな看板が立っていて、

シャトルは今運休しています。この先のバス停から代行バスに乗ってください、

と書いてある。

はぁぁ、さすがパリ。

代行バス乗り場を聞きに近くの窓口に行くと、いえ、シャトルに乗ってください、という。

Dが、でも運休という看板が出てるけど、というと、
あらぁ、そんなこと全然聞いてないわ。でもそうならそうなのかもしれないわね。もうぐっちゃぐちゃよ、今朝はーー。たぶんこの先にバスがあると思うの。

と。
全くを持って誰も事情を把握していないという典型的なパターンである。

ちなみに、誰1人謝ることはない。

道に迷った旅行者のごとくさらにスーツケースを引きずり、ロータリーに止まっているバスを発見。運転手に、代行バスってこれですか?ときくと

え?代行?聞いてないねえ。あそこの窓口で聞いたら?

そう、これがかの有名な

たらいまわし

というやつである。その先の窓口で対応した、ものすごい攻撃的で感じの悪い
若いフランス人女性と我々がそこで大げんかをし、私が自動ドアを蹴っ飛ばして出て来たことは内緒である。

困り果てて、(もじどおり、困り「果てた」感だ。)シャトル運休という看板のところに戻ると、シャトルはちゃんと来ているではないか。

このでかい「運休」の看板はなぜに???

という怒りをぶつける気力もなく、ようやくシャトルで空港へ。
モニターをみると、案の定 搭乗締め切り となっている。こういう時に限ってon timeのエールフランス。

そして新しいチケットに変更すべく、エールフランスカウンターへ向かった。

(続く)