« 2016年4月 | メイン | 2016年6月 »

2016年5月27日

Pascal DEVOYONピアノリサイタル。追加チケットが少し入りました!(5/26残席情報更新!)

Omote.JPG
Ura.JPG


===
Pascal DEVOYONピアノリサイタル  チケット販売を開始いたしました!
**5月20日の名古屋公演、大成功に終わりました!いらしてくださった皆さま、ありがとうございました。
===

東京公演の座席について

青の部分が私から購入できる座席です。まだ良い席あります!青い席は私からのみ購入が可能です。
左Lブロック、下のCブロックは二階席となります。

金額: 6000円


【重要!】再追加チケットわずかに入りました。このサイトからは5/26日の夜まで
チケットのお申し込みを受け付けていますので、ぎりぎりで都合がついた方も、ぜひご予約ください!

5月26日現在の残席情報(私の手元チケット分)はこちら↓
Reste.JPG
メールの件名に"Pascal DEVOYONリサイタルチケット希望"とご記載くださると助かります!
① お名前
② ご住所
③ 電話番号
④ 希望枚数
⑤ 希望座席番号(万が一その席が埋まっている場合には、できる限り近い席をご提案させていただき、ご了承をいただいた上で予約させていただきます)
⑥   現在学生の方は、④の枚数の内、何名が学生かご記載ください。

基本的にすぐにお返事をさせていただきますので、お申込み後、数日中に私からの返信がない場合、メールが届いていない可能性があります。お手数ですが、再度ご送信をお願い申し上げます。

たくさんの方のお越しを心よりお待ち申し上げております。
よろしくお願いいたします。


村田理夏子

私のサイトFromBerlinは
こちらから

2016年5月20日

ありがとう

今日のPascal Devoyon名古屋公演は、

神がかっていた。

ピアノという楽器を忘れるほどに、
次から次へと驚くほどの種類で生まれる色、そして生まれる命。
吸い込まれるように、舞台に釘付けになった。

IMG_0306.JPG

前半を終わった時点で、友人が、

鳥肌がたった。色が、色が....と興奮気味に話してくれたのがよくわかる。
楽器が生き物に見えた、という彼女の言葉通り、楽器に命が吹き込まれ、唸る。

ポーランドでも、公演後興奮した女性が、
あなたの演奏は、色が、色が.........とおっしゃっていたのを
思い出した。


後半のリストも圧巻。

宗次ホールの大勢のお客様が一瞬にしてしーーーんと静まり返った。


ひとつの大きなドラマを見せてくれるような、壮大な演奏。そこに大げさな表現はひとつもなく、壊れそうに繊細で美しいピアニッシモから、地鳴りのような振動を起こすff。まさに、

極めて高貴な芸術

を耳にした。派手だったり、安っぽさの一切ない、音楽と正面から向き合った人間の心の声を聞いた気がした。

演奏後、私が彼に伝えたのは、

ありがとう

だった。一生に一度でもこんな本物の芸術を耳にさせてくれたことに、なんとも言えない感動を受け、圧倒され,そして満たされ...その思いが感謝の言葉となって口から出た。

音楽は生き物。次回またどんな命を吹き込んでくれるのか、楽しみが増えた。

IMG_0313.JPG


私のサイトFromBerlinへは
こちらから

2016年5月 7日

真の詩人

先日、ポーランドでパスカル ドゥヴァイヨン ピアノリサイタルが開催された。ありがたいことに地元ラジオ局をはじめ、あちこちで大きく宣伝してくださっていた。

Mini2.jpgMini1.jpg


実は、Devoyonにとってポーランドでは初のリサイタル。ポーランドで出会うどの方も、まさか?!とおっしゃってくださったが、本当に初なのだ。響きの良いなんとも素敵なホールに連れて行ってもらい、リハーサル。

mini5.jpg

実はリハーサルを聴きながら、私は心から感動を覚えた。一音ずつ丁寧に探っていく。自分の望む音、望む世界を丁寧に、丁寧に作り上げていく姿は、コンサートに並ぶ魅力的な瞬間だと感じた。

Devoyonはかつて "真の詩人"という批評を受けたことがある。私はそれを
詩心をもって演奏すること、という意味にとらえていたが、彼が紡ぎだしていく音、そして紡ぎだしていく様子を見聴きしながら、私の解釈は違っていたと感じた。

普段、人生論や気取った言葉、酔いしれた議論をするなど一切ないDevoyon。出てくる言葉は皮肉っぽいユーモアでさらっとかわしていくという感じだ。

でも、その目は違う。

人生は旅と同じだというDevoyon。自分はいったいどこから来て、どこに向かうのか。そしてその道々にある出会いや出来事の意味はいったい何なのか。

ある時、芸術という道を選び、そんな答えのない問ばかりを、答えはないと知りながら投げかけ続け、自分に挑戦し続けながら人生を歩んできた人間なのだろう。そんな人間のみがおそらく得ることができるであろう、人間の深み。

真の詩人から紡ぎだされる音を介しての言葉は、何よりも美しく、尊い。

本番は、たくさんのお客さんがお越しくださった。

Mini4.jpgMini3.jpg

演奏後、大勢がスタンディングオペレーション。興奮冷めやらぬ方々が舞台裏に来てくださった。

Mini8.jpgMini6.jpg

次は日本でのリサイタルツアー。同じプログラムでの公演。毎回Devoyonが
どんな人間性を見せてくれるのか、楽しみだ。


5月20日(名古屋)、27日(東京)の公演については
こちらから。

私のサイト FromBerlinへは
こちらから。