« リーズ国際コンクールを通して考えること ② | メイン | リーズ国際コンクールを通して考えること ④ »

リーズ国際コンクールを通して考えること ③

前回書いたように

芸術の国では、演奏家は創造主とは違う。創造主は作曲家だ。演奏家は、演奏をする。つまり芸術の国では、創造主の芸術を「表にあらわす」仲介者的立場となるわけだ。


表現する・・・つまり何かを「表にあらわす」とき、そこには責任が伴う。だからこそ、自分で納得のいくもの、そして説得力のあるものでない限り、大きな声では表せない。

芸術の国を演奏者として生きるには、自分で納得いくもの、説得力のあるものを身に付ける必要がある。

では、そのためには何が必要になるのか。
・・・そこには3つのトライアングルがかかわって来ると思う。

「知識」「欲望」「判断力」

そのどれが欠けていても、説得力には結びつかないであろう。

私がこれから書くことは私が知っている限りの経験の話なので、当然狭い世界ではあるが許してもらいたい。

・・・・・・・
素晴らしく演奏していて、お客さんも喜ぶ・・。でも、それをプロという目で見ると評価が付いてこないことがある。それは、「知識」の問題だ。

音楽的な演奏で、お客さんも喜ぶ。そして周りから"上手だ"、というある程度の評価をもらう。
ところが、その解釈が実は大きく脱線している・・ということが日本人の演奏でも、少なからずある。解釈が脱線しているというのは
どういうことかというと、それはベートーヴェンじゃないですよ、それはプロコフィエフではないですよ・・、という演奏だ。

でも良い評価を受けて来ていた本人は、全然何がまずいのかわからない。"好みの問題だ"などと、済ませてしまうことすらある。

つまり知識が足りないのだ。『ある程度生命感があり、なんとなく音楽的であれば、それで良いとしてしまう』。

身体を動かし、うなり、天井を見上げ・・・これで芸術だと。

知らないとは恐ろしいことだ。

違う例で書いてみよう。

 "りんご" が何かを知らずに、リンゴだと思ってずっとバナナの絵を書きづつけ、りんごを見たことのない民族から、わーすごく上手に書いてるわねー。とちやほやされ続けてきたとする。そして鼻高々に、自称"りんご"を別の民族の前で書いたところ、あら~これバナナなのにねえ。と失笑をかってしまう。そこに"個性"も"自由"もない。間違いは間違いだ。

音楽でも、プロコフィエフだと思い込んで、ショパンみたいに弾いていたり・・というのはプロの仲介者である限り、同じぐらい恥ずかしいことになる。

続く