« 2014年1月 | メイン | 2014年3月 »

2014年2月 8日

ベルリンのクリスマス?

とあるクリスマス直前、Dとベルリンの街を歩いていたら、後ろから車道に白バイ数台がピカピカ光らせながら私たちを抜かしていき、前の方に走っている車の前に回りこみ、強引に徐行運転をし始めた。当然白バイの後ろに続く車も徐行を余儀なくされ、年末の車の多い時期でもあったため徐々に渋滞が始まった。そのうちそれらの車を道路脇に寄せ、大通りの真ん中を開けさせている。

なんか物々しい感じがして

偉い人が乗った車でも通るんじゃない?(¨ )

と足を止め後ろを見ると、遠くから何かが近づいてきた。

それはこれ。(↓クリックすると大きくなります)

Noel1.jpg


なんとおびただしい数のバイクの車列!!しかも全員サンタ風の服を着ている!!
アップにするとこれ!

Noel2.jpg

結構ギンギンだ。

そしてサンタバイクは続く続く・・・100台どころではなかったと思う。

微笑ましい車列に思わず笑みが出たものの、このために大通りを通行止めにするベルリンとは・・・。

そして何よりバイクを運転していた数百人はいったい誰なのか・・・

わからないままである。そして奴らは去って行った・・・

Noel3.jpg

したいことをする!自由自在のベルリン♪万歳!(*^_^*) 

私のサイトFromBerlinへは
こちらから

2014年2月 7日

思うこと

世間で騒がれているニュースと最近身の回りに起きたこと。たまたま重なったそんなことから、いろいろと考えさせられる日々を送っている。

ありがとう、ごめんなさい。この二つは、もっとも簡単で最も難しい言葉なのかなとあらためて感じる。ありがとうの一言で、お礼を言われる側にとっては、相手はちゃんと自分を見ていてくれたんだ、と感じて心あたたまるだろうし、ごめんなさいの一言が、傷つけられてしまった側にとっては、相手はちゃんと自分の傷を見、思っていてくれたんだと感じさせてもらうことにつながる。

悪気がなかったのだから、などという言葉を耳にすることがある。確かにそうかもしれない。本当は"良い人"が"悪気なく"やってしまう行為もある。むしろそういうことが多いかもしれない。でも悪気がなかったかどうかを論争している時点で、何か忘れ物をしていないだろうか。

理由がどうであれ、事情が何であれ、もしも周りに傷ついてしまった人が生まれたのであれば、それはやはり他人を傷つけたわけだ。どんな時でも相手がいること、相手へのRespectを絶対に忘れてはいけない。

もうすぐ2台ピアノの演奏会をさせていただく。予定されていたBartokの2台ピアノと打楽器のためのソナタが急きょ演奏されないことになった。突然浮上した『打楽器運送費が予算オーバー』という話。そのために曲を変えて欲しいと連絡を受けたのはつい数日前。

まさに寝耳に水のこの事態に、まっさきに私とDevoyonの頭に浮かんだのはBartokを楽しみにしてくださっているお客様のことだった。何とか打開策をと必死になった。決断を急がれるので、打楽器奏者、主催者に夜中まで電話とメールでの打開策探しを試みた。こういう手段はないか、ああいう手段はどうかとDevoyonと何度も何度も、文字通り一日中必死で考えぬいた。こういう時、
主催者、打楽器奏者、私たちという3角形が"一つの方向"を見据えて考えて協力して動かない限り解決の扉は開かない。主催者と打楽器奏者の間に何があったのかわからないが、

今見るべきその1つの方向とは
『自分』ではないはずだ。

残念なことに1枚の扉は電話に一切出ることはなく、メールで一方的にキャンセルの意向ばかりを告げてくるという開かずの扉となってしまった。

そして私たちの心の奥底にチクッと痛みが走った。

開かずの扉はいつかそのドアを開く時、何か感じてくれるのだろうか。