« 2013年11月 | メイン | 2014年2月 »

2014年1月30日

色(2)

前回の色についての続き。

では、音楽でいう色とは何か・・・

それは音が持つ【表情】だ。

生徒の話に戻ると、暗いとか明るい、暖かい音、冷たい音...そんな、レッスンでよく耳にする言葉の意味をじっくりと考察することに欠けていると感じた。暖かくと言われたら、『暖かく』と楽譜に書いてなんとなくそんな音を出して通り過ぎる、そういうケースを本当に多々耳にする。きっとまだ "探す"ことの面白さが見いだせていないのだろう。

私:あのね、例えばこの音

--といって私が 「ド 」と1音鳴らす--

私:この「ド」は何色だと思う? 
実はね、何の色でもない(!)んだよ。

言い方を変えれば、一音だけこうやって弾いても
明るくも暗くも、幸せにも痛みにもなり得るっていうこと。

生徒:ポカーン~(・・?)  (地蔵、凍る・・・の巻。)

私:例えばね、少し前にすっごくハツラツとした音楽があって、その後にポツンと今の『ド』が来たら、悲しげに聞こえるかもしれない。 あるいは、すっごい緊張した音楽が前にあったら、ホッとして聴こえるかもしれない。つまり、前や後ろとの関連でも音の色は変わる。だから、その音だけ練り回して練習すれば良いとは限らないのはわかるよね? 

ここで冷凍地蔵だった生徒は、解凍地蔵ぐらいには戻ってきた感じである。

今の話は

色=表情 その①
『前後の音楽と比較して表情を生むケース』

である。 

(続く)


私のサイトFromBerlin
へはこちら←から

2014年1月14日

色 (1)

音楽でよく、もっと色を!と言われることがある。私も生徒によく使う言葉だが、「はい」と言って弾き直す生徒の演奏に色の変化が見られないことも多い。一番気になるのは、弾き直した後に変化していないことに気がつかないことだ。

生徒の頭の中で、音楽で言う「色」とは何なのか漠然としている気がしたので、尋ねてみた。

私:ねえ、音楽で言う色って何だろうね?

生徒:え?.........(・_・;)  具体的な色ですか?

私:(質問の意味が良くわからず)それでも良いから言ってみて。

生徒:ここはオレンジ。

私:σ(^_^;) あは・・・・

私:でもさあ、オレンジと思っても聴いている人にオレンジって伝わらないよねえ。

生徒:うーん、じゃあ色とは感情のことですか?

私:というと?(お、近づいてきたぞ)

生徒:悲しいとか、嬉しいとか、暗いとか......

私:さっきのオレンジと一緒でイメージを持つことは素晴らしいんだけど、問題はそれを音で伝えることだよね。その感情はどうやって音で伝えるの?

生徒: ......(¨ )

生徒、ここで『地蔵化』である。
*地蔵化とは、村田用語で "容量を超えて思考回路が止まってしまった状態" をいう。


もちろんイメージを持って目指すものを心に描くのは大事だけど、具体的な手段というものを探すこと、これが練習する時の楽しみでもあり、面白味でもあり、かつ必要なことだ。残念なことに音というものや響きの追求に本当の意味で時間をじっくりとかける生徒が少ないのはとても残念だ。心に訴えるのは音そのものなのに。

イメージを強く持った後、顔をしかめてみたり、身体をねじるように悶えて見たり、天を見上げて見たり......それはダメとは言わないが、そうすることで音になっていない表情をカバーしているつもりになってはいけない。

先日クラウス ヘルビッヒ先生の公開レッスンを拝聴した時、こんなことをおっしゃっていた。

「私たち演奏家はもちろん役者の要素も持っていないといけない。でもそれは音、つまり聴覚的な面での役者(つまり音で魅せる)であって、視覚的な効果はそんなにいらない」と。

続く

私のサイトFromBerlinへは
こちらから

2014年1月13日

演奏会のお知らせ@Berlin

私たちDUOにとって、全身全霊を込めて目下準備へと向かっている何としても聴いていただきたい!プログラムが生まれました。
みなさんとホールで音楽を共有できたら幸せです。
よろしくお願いいたします。

日時:2014年2月20日、21日(2公演)
場所:ベルリン芸術大学 Joseph- Joachim-Konzertsaal, Bundesallee 1 - 12 Berlin-Wilmersdorf

プログラム:
Poulenc:Sonata for 2 pianos/プーランク 2台ピアノのためのソナタ
Bartok:Sonata for 2 pianos and percussions/バルトーク 2台ピアノと打楽器のためのソナタ
---
Brahms:Sonata for 2 pianos /ブラームス 2台ピアノのためのソナタ

Piano :Rikako Murata. Pascal Devoyon
Percussions: Sarah Mahmoud、Adrian Schmidt

予約必須です!
www.hindemithberlin.de/event.html


私のサイトFromBerlinへは
こちらから

2014年1月12日

幸せ者

先日、何か静かだなと思ってふとパパに目をやると、なぜか自分の両手の甲をじーっと見つめていた。片方の手の甲を少し電気にかざすように上にあげては首をかしげ、もう片方を光にすかすようにしては、また両手の甲を見比べたり。あまりに長いことやってるので、何か気になることでもあるのかなあと思い、

どうかしたの?

と尋ねると

パパ:いやあ、我が手ながら、綺麗な手だなあと思って見とれていたんだよ。
ほら、綺麗な手だと思わないか?(~o~)

と言いおった。本当に見惚れていたらしい。

相変わらず幸せ者である。

私のサイトFromBerlinへはこちらから。

A happy new Year !

去年はいろんな出会いや別れがあった。それらを通して、

『私は本当に幸せ者だ』ということを再確認させてもらった気がする。

一言でいえば、文字通り"惜しみない"愛情を私に注いでくれる人に今までずっと囲まれていたということ、そして今も囲まれているのだということ。

それは家族であり、友達であり、生徒であり・・・。その人たちに恩返しをしたくても残念ながらもうできない人もいるけど、
私の使命は同じように私が出会うひとりひとりに、私のやり方で愛情を注ぐことなんだと気が付かされた。

でも、『私のやり方の愛情』だからね、生徒さん♪ 愛のムチって言葉もありますぞ。(゜―゜)ニヤリ

今年も頑張ろ♪

みなさん、よろしくお願いします!

私のサイトFromBerlinへは
こちらから