« 2013年1月 | メイン | 2013年6月 »

2013年2月20日

育てるべきこと (2)思考力

前回の話に引き続き、もう一つ育てるべきは”考える“という能力だ。

レッスンで何かを言われたら、あわてて弾き始めず、先生の言葉の「真意」を考えること。

弾いてくれた音や先生の言葉から生徒自身がレッスンから何を引き出せるかが、
長い目で見たときに大きな違いになると思う。
それが、客観的に物事をみることにつながっていくから。

試行錯誤

という時間は決して無駄でも遠回りでもない。
具体的に書いてみよう。

たとえば、「焦って聴こえるよ」と言われたら、楽譜に”あわてない”と書き込む生徒が多い。
でも、あ、あわてないようにしなきゃ、ではなく、どうして第3者には焦って聴こえるのか、
その理由を探さない限り、その場だけ気を付けてブレーキをかけても何も生み出さない。

たった一つの短い音への、あるいはたったひとつの休符への意識が足りなかっただけで
そう聴こえている場合もあれば、実は弾き方の問題ではなく、
ペダルの踏み方がそう聴こえさえている場合だってあるのだ。


ペダルに関して言えば、ペダルが濁ってるよ、といわれたら、
ペダルをきれいに変えればよいのだろうか?実はペダルが原因ではなく、
指で作り出す音が不明瞭なために、ペダルをいくら上手に変えても、
ぼやっと濁って聴こえている、ということも非常によくある例だ。


右手が固くなってるよ、と言われたら、実は左手が鍵盤にきちんと安定していないからかもしれない。


肘が出てると言われたら、肘を下げれば良いのではない。親指の使い方が原因だったりもする。

練習は曲を弾くことばかりではない。

私のサイトFromBerlinへは
こちらからhttp://www.rikakomurata.com

2013年2月17日

育てるべきこと (1)耳 

私はベルリンに留学してすぐ、壁にぶつかった。

レッスンで良い例と悪い例を弾いて聴かせてもらっても、違いが聞こえない。

--君が思っている「聴く」は、ただ「聴こえてる」のであって「聴いている」のではない。

その言葉の意味は頭でわかっても、感覚がわからない・・・。焦りが募る。

「下書きの絵を持ってきて、色をつけてくれと言われてもレッスンできない。
自分で考えてくれ」

そう言われ、部屋を追い出された。


聴くってなに?考えるって何?

混乱の日々が始まった。

ただ、1つだけ私が確信していたことがある。それは「追い出された」とは言っても、絶対に私に何らかのヒントを与えたうえで追い出しているだろうということだった。

とりあえず思いついたのはレッスンで弾いてくれた音だ。微妙な違いはわからなくても、あまりにもきたない音ぐらいはわかった。まずはそれをとりあえず真似することから始めた。
まずは汚い音を意識的に出してみる。当時の耳でわかるほど汚い音だから、
相当なものだっただろう。(となりの練習室だった方、すみません。その1)

そして、考えることに入った。何でこう弾くと汚い音が出るんだろう。
たった1つの音を、何度も何度も繰り返し弾いて、ピアノの中を覗き込み、横に鏡をおいては覗き込み...。それでもわからなくてイライラし、そばにあった椅子を思いっきり蹴っ飛ばし… 
(となりの練習室だった方、すみません。その2)

そんな毎日を文字通り「何年も」過ごした。

練習というよりは、ああでもない、こうでもないといじくりまわすと言った方が適当かもしれない。

でも、そうして育てる耳が、最終的には一生の頼りになる。

耳は最大の先生だ。

最近、ほかの方のレッスンを拝見していて、先生方が弾いて見せているそばから弾き始める生徒の多さに驚く。
先生の言葉は聞くのに、言葉が終わったらとにかく弾き出してしまう。
でも実はその言葉、そしてちらっと弾いてくれるその音に、たくさんのヒントが詰まっているのに…。

先生でなくてもいい。誰かが出した音が、うまい下手はおいておき、自分が今まで出したことのない音であれば、それを耳に記憶して家に持ち帰る。できる限り似た音が出るまで真似して、出たと思ったら、どんなテクニックで今の音を再現たのか分析する。

これも、私は数えきれない位の時間を割いて行ったことだ。おこなった、というか今でもそうだ。レッスンで生徒が出した音が良い音であれ、悪い音であれ、どういう打鍵のせいでその音になっているか、家で真似してみて、あーだ、こーだ考えることもたびたびある。 (続く)

私のサイトFromBerlinへは
こちらからhttp://www.rikakomurata.com