« 2011年7月 | メイン | 2011年9月 »

2011年8月28日

イン、テンポとメトロノーム ~第1回~

次回はイン、テンポについてお話しします、なんて書いたのは去年の9月。\(゜ロ\)

それから決して放置していたわけではなく(汗)、自分でテーマを提示しておきながら、難しい議題を出してしまい苦戦しておりました・・。今も苦戦中ですが、今できるなりに説明してみようと思います。

イン、テンポ。これはどういう風に捉えたら良いのだろう。一番危険な間違いは、テンポ通り進まなきゃ、とメトロノームにあわせて練習することだ。

こう想像したら、すぐわかるんじゃないかな? アナウンサーが、原稿をメトロノームに合わせて読んでいるとイメージしてみよう。どうだろう?そう、間違いなく・・

お経 

である。(^_^.) チーン

つまり、不自然だ。なぜだろう?それは、機械に作られた時間に基づいているだからじゃないだろうか。音楽は生き物だ。インテンポというのは、その“自然な呼吸”と捉える必要がある。実際は、同じテンポ、つまり同じ脈拍で進んでいる“ように”聴こえればよい。

音楽は多くの場合“幻覚”で成り立っている。どういうことか説明しよう。たとえば、囁く(ささやく)ように弾きたいとする。実際囁くように弾いたら、どうなるだろう?

全然、聴こえません。(^’^)

なので、囁くように聞こえるように、音の質や、その前後との関わり、ぺダリングなど、さまざまなものを用いて、囁いているかのように聴かせているだけだ。

緊張した音楽?いくらおまじないをかけたところで音が緊張するわけがない。緊張、といえば、漢字も示している通りぴーんと“張る”必要がある。休符でも同じ。だから、音なら、音自体を鋭めの打鍵にしたり、あるいは、逆に耳をすまして聴いているかのような緊張を作るために、周りにある音を遠ざけたりという手段だってある。休符なら、その休符に入るタイミングや、突然休符になった感じを作るペダルにするなど、様々だ。

このように、実際囁いているわけでも、緊張しているわけでもなく、あたかも・・・のように聴かせているだけなのである。

(続く)


私のサイトFromBerlinへは
こちらからhttp://www.rikakomurata.com

2011年8月25日

D,スピード違反つかまる、の巻

普段からヨーロッパ(特にフランス)では、不景気になるとスピード違反の取り締まりが増える、とDがよくぶつぶつ言っている。

私たちが毎夏講習会を行うフランスの山は、そうはいっても山の上(標高1850メートル)。のんびりとした自然の中で、警察の取り締まりなど見たことがない・・・。

ところが・・・

いたのです、今年!!これは、今年のフランス、相当な不景気?!・・・(違)

でも正直、過去12年見たことない・・。

講習会が始まる数日前、知人を山のふもとまで迎えに、1850メートルの標高を下り始めた。途中、何か所か山の中の町を通る。このあたり、町の外は時速70キロ制限で、町の中は50キロ。講習会の準備話に盛り上がっていた私たちは、途中、70キロで町に突入してしまった。そのとき、向かいからくる車がぴかっと合図をしてくれた。

運転をしない方のために:車の運転では、暗黙の了解で生まれたサインというのがいくつかあり、そのうちの一つが、先のほうで警察が取り締まりをしていることを知らせるために、反対車線から来た車がぴかっとライトを短く照らすことだ。

ぴかっとほぼ同時にブレーキを踏んだが、時すでに遅し。目の前で警察が両手を広げている。

あああ・・・(-“-) やばーい・・・

窓を開けると警察官から即座に質問攻め。

Police(以下P)はい、エンジンとめてー。

D:はい

P:フランス語、うまく話せますか?

D:はい。

P免許証見せてください

D:はい

P保険も見せて。

D:はい

P:今日はなんで止められたかわかりますか?

D:はい。50キロのところをオーバーして走り、気が付くのが遅かったです。

(Dは、きっちりと作文のように答えていた。)

P:そのとおりですね。70キロ。大目に見ても65キロでしたので、15キロオーバーです。
減点3点と90ユーロの罰金に当たりますね。

・・・この辺まで、警官、高飛車である。(当たり前か)

P:あなたたち、ヴァカンス(休暇)ですか?

D:いえ、僕が講習会を運営していて、そのためにこの街を訪れています。

P:あ、あの音楽の?町を活性化してくれているあの講習ですか?

・・・警官、講習会の存在を知っていたらしい・・・

D;はい、そうです。

P:そうですかぁ。大変ですねえ・・・ (なぜか同情され・・・)

P:ということで、本来の制限は50キロなのですが、今日の制限速度は、特別に72キロです。ですからオーバーではありません。

D+私; え? (゜_゜>)

今日は特別72キロって・・・今日はお肉割り引き!のノリではないですか?

P:これから気を付けてくださいねー。
D:はい。ではさようなら。

そして車は発車した。

え?見逃してくれた?(・.・;)

こんなこと、あるんですねぇ・・・さすがフランス。仕事で山に来ているというので同情してくれたのだろうか・・。謎

ありがたやありがたや。

私のサイトFromBerlinへは
こちらからhttp://www.rikakomurata.com

2011年8月23日

お知らせ!!! 


このたび、Pascal DEVOYON、村田理夏子 ピアノデュオリサイタルを開催させていただく運びとなりました。リスト生誕200年を記念し、一生のうちに一度は耳にしていただきたいと私たちが心から思う作品を、東京公演のメインとさせていただくことにしました。
心を揺さぶる作品です。ぜひいらしてください!(画像をクリック)

クラシックに詳しい方も、そうでない方も、みなさんが楽しめるよう、今回は真嶋雄大さんをお招きし、開場から開演までの30分、わかりやすく面白くお話をしていただきます。

チケットは私の手元にございます。いらしていただけるかたは、

rikakoberlin@gmail.com

までご連絡ください。(件名にチケット希望と明記していただければ幸いです。)

一枚でも結構です!よろしくお願い申し上げます。


日時:11月17日 東京文化会館小ホール
開場:18時15分
真嶋雄大さんによるお話:18時30分から19時
開演;19時

プログラム:
デュカス:魔法使いの弟子 (ディズニー映画で用いられている親しみやすい作品です!)
リスト:前奏曲 (美しいメロディーと壮大な豊かさをもつ名曲です!)
(休憩)
リスト:ファウスト交響曲 (稀にしか演奏されない名曲。心の底から揺さぶられる感動作です!)


料金:
一般4000円
DUO券(一般券2枚同時にお買い求めの方)7000円
学生 1500円

私のサイトFromBerlinへは
こちらからhttp://www.rikakomurata.com