« 2010年11月 | メイン | 2011年1月 »

2010年12月13日

つかの間の夢・・・   

つかの間の夢・・・   

我ながら、ロマンチックなタイトルである。しかし、私のブログに限ってそんなわけなし。(=`^´=)エッヘン

2007年の3月に、ドイツで耳鼻科に行った話を書いた。まずはそれをご覧下され。
(開いたサイトの下の方の、2007年3/13の記事をどうぞ。)

http://www.rikakomurata.com/blog/2007/03/


そう、あれは3年前。冬空の空気に、のどをやられてしまい近くの耳鼻科に行った時。インターネットで、信頼できそうな顔の若いドイツ人先生の写真がのっていた耳鼻科に行ったところ、実際に出てきたのは半魚人だったという話である。(←いいのか、こんな要約で)

今、極寒の冬を迎えているベルリンで、またも先日のどをやられてしまった。4日ぐらいたっても治らないので、意を決して耳鼻科へ行くことに。半魚人におののいたにもかかわらず、外は雪世界なので、近くが良いということで、再びそこへ行った。

まずは受付で。
受付;以前いらした事はありますか?
私:はい、数年前に一度。
受付:(コンピューターをいろいろいじった結果)
あなたの名前は・・・・ないわ♪
私:(心の声)ないわ♪って・・・・・(-_-メ)
私:いえ、あの間違いなく来たのですが。
受付:新たな患者さんとして、もう一度手続きね♪ (←私が今、言った事は無視っすか・・。)

というわけで、私の半魚人との3年前の診察は、コンピュータ上には存在していないらしい。(謎1)

待合室で待つ事10分、診察室へ呼ばれた。

そして、握手を求めてきたお医者さんは・・・なんと!インターネットで見ていた
ドイツ人♪半魚人ではない!!!しかも診察室の隅には、秘書というか助手というか、若い女性がデスクに座っている。

私(心の声):半魚人には、助手いなかったけどなぁ・・・。(謎2)。

にこやかにあいさつしつつも、私は病院が苦手だ。やたら緊張する。右手と右足が一緒に出そうである。そんな中、奥へすすみ目の前にある椅子に、緊張しながら座ると、

医:あ、それ僕が座る椅子ね。向こうのいすに座ってね (・o・)

確かに、落ち着いてみれば、今私が座ろうとした椅子は、どうみても先生用である。
今のミスは、か・な・り・・・。

(* v v)。 ハズカシイ

=======

そして、問診が始まった。いつごろから痛くなったの? 熱や風邪の症状は???などなど・・・。そして

医者:何か家で薬は使いましたか?

私:はい、日本のトローチという薬と、それからスプレーをのどに・・

医者:スプレーって何の効果のスプレー?

私:( ゜o゜)ハッ 何って・・・えぇと、主人から勧められたので、何だったか・・えーと、えーと・・・(;^_^A アセアセ・・・汗)

医者:いやぁ、別にいいんだけどね。
そんなに大事なことじゃないから。(^-^)

私:コケッ! ミ(ノ;_ _)ノ =3   

心の声:(じゃあ、聞くな!・・みたいな・・・。)

そして診察開始。のどを見せるため口をあける。
医者:これから棒を入れるから、声を出してこういう風に言っ・・・・・・

ここで私は、

あ、これは日本と同じ、のどの奥を見やす
いように“あー”っていうのね。(・o・)

と察し、

私:先生の文章が終わる前に、<あーーーーー>と先取り♪

ところが何と医者の出した声は......................


ヒェーーーー♪


(゜∇゜ ;)エッ!?

ヒェーですよ、しかも先生のする例は、かなりひょろひょろの、か細い“裏声”のような音である。

おかげで私は、先取りしてはじめてしまった<あーーーー>から修正し、


私:(* ̄○ ̄)アアーーーーー(* ̄о ̄)ヒェーーーー・・・・・・

と何とも情けない声を出すことになったのである。
こんな医者初めてだ。

それにしても、半魚人はいずこへ・・・・そして私との診療記録はいずこへ・・・。はたまた、 ヒェーーーと言えなんて・・・。

なんともなぞな耳鼻科である。


私のサイトFromBerlinへは
こちらからhttp://www.rikakomurata.com