« 2010年6月 | メイン | 2010年8月 »

2010年7月15日

せんくら

今年も参加させていただくことになったせんくら(http://sencla.com/)ですが、
なんと7月1日の発売開始まもなく、私たちの連弾公演が売り切れとなったそうです。
ご予約くださった方、ありがとうございます!

2台ピアノ公演のほうは連弾公演よりホールがさらに大きいため、
まだチケットをお買い求めいただけると思います。
こちらの公演では、私たちが今年イチオシするプログラムがあります。
それは、

ウェストサイドストーリー!!

映画に出てくる踊りの数々を二台ピアノ編曲に編曲した
演奏機会の少ない非常に素晴らしい作品です。
この機会をお見逃しなく!!!

仙台でお目にかかれるのを心待ちにしています!!

2010年7月12日

あなたまで・・・。

今ですか?

はい、38度です。←やけくそ

しかも電車の中は50度ぐらいらしい。

38度ってどんな感じですか??というあなたへ・・・。

こんな感じです↓


Rosoku1.jpg

これは、喫茶店のテーブルに置いてある(はずの)ろうそく。熱に負けてへたれて
倒れております。

アップはこちら↓
Rosoku2.jpg

暑さに溶けそうなのは、私たちだけじゃなかったらしいです。
たすけて・・。

私のサイトFromBerlinへは
こちらからhttp://www.rikakomurata.com


2010年7月11日

あぢい・・・・

昨日ベルリンの気温が36度になって、
14年住んでいて初めてだ、こんなの・・・とくたばっていたら、
今日の最高気温の予想は

38度!!! 

38度って・・“高熱”ってやつですよね。普通の
風邪の場合。

今から5か月前は、雪が解けない長ーい冬を送っていて
マイナス20度あたりを記録したわけだから、その時との気温差は
60度。(・_・;)
体がついていかないのも無理がないって感じ。

さらに追い打ちをかけているのが
エアコンのない国、ドイツ。

バス、電車、喫茶店、レストラン、各家庭

どれもこれもエアコンなし。扇風機が回っていれば
ラッキーなほうである。でも38度の空気を扇風機でまわされても
あまり変わらないけど。

ただ寝ていても汗が出てくるって感じ。少しでも動いた日には
大変である。体温より高いわけだから当たり前だけど。

というわけで、長い冬に続いて
異常な暑さにへばっている私のつぶやきでした。

2010年7月 8日

!!!お知らせ&お願い!!!  


なんと、わたくし・・・・来年(2011年)6月25日に日本では12年ぶりとなるソロリサイタルを開催させていただくことになりました。CHOPIN協会主催、場所は表参道KAWAIコンサートサロンパウゼです。

プログラム:

Debussy プレリュードより
-デルフィの舞姫たち
-パックの踊り
-沈める寺
-西風のみたもの

CHOPIN ソナタ3番 h-moll op.58

---休憩---

SCHUMANN クライスレリアーナ op.16

です。(チラシは現在作成中ですので、出来次第アップします。)

私が心から愛する作品ばかりでとても嬉しい反面、あまりに久しぶりのソロ演奏会で、すでに

あわわわ ((+_+))

となっております・・・・が、日本ではなかなかない機会ですので、是非お越しいただけたら嬉しいです!!!!

そこで!!お願いがあるのですが、
この演奏会では、私のほうでチケットを処理するべく、いわゆる”ノルマ”があります・・。
そのためお越しいただける方は、私を通して予約をしていただけるようお願いいたします!!(ホールや事務所経由での予約をいただくとノルマにカウントされないそうなんです。(・_・;))
海外在住のため、メールでのやりとりとなりますが、ご希望枚数とあわせて、

rikakomurata@yahoo.co.jp

までご連絡ください。

スパムメールが非常に多いため、”件名”を<チケット依頼について>など、分かりやすいタイトルにしていただければと思います。
メールには基本的にすぐお返事をいたしますので、2-3日しても私からの反応がない場合には、何らかの事情で届いていない可能性があります。大変お手数ですが、再度ご連絡いただければ幸いです。どうしてもメールなどが不可能であれば、事務所経由での予約となりますが、その際、村田理夏子分より購入したい、との旨をお伝えください。

これから久しぶりとなる日本でのリサイタルへ向け、今の私にできる最大の準備をさせていただきたいと思っています。私は本当に音楽を、そしてピアノという楽器を愛しています。お一人でも多くの方に、私の音楽を耳にして何かを感じていただけたら、一音楽家としてこれほど嬉しい事はありません。
何卒よろしくお願いいたします。

村田理夏子