« 2009年10月 | メイン | 2010年1月 »

2009年12月27日

うちのパパ  ・・・青い麺?

先日のうちのあっぱれ父と私の会話です。

父:この間さぁ、スパゲッティーをたくさんもらったんだよ。で、良く分からないからどう使った良いか知人に聞いたらな、バターで炒めるだけでおいしいって言うんだよ。

私:バター?それだけ?っていうか、まずゆでないの? 

父:炒めるだけっていってたなぁ。(゜.゜)

私:えー?? ねぇ、スパゲッティーだよね?

父:そうだよ。

私:で、ソースは何を?

父:ソースか? そんなこと言ってなかったなぁ。バターでフライパンでいためるって。

私:フライパン???? (。・_・。)

・・・・・・・・謎が深まる・・・・・・・

私:いや、ソースなしでバターだけってことはないでしょう。だってさ、パスタってイタリアでは、日本のご飯のようなものだよ。それにバターだけっていうのは、味気ないんじゃない?おかずになるようなソースとか何かあった方がおいしいんじゃないの?

・・・と会話を進めれば進めるほど、バターでいためるだけでおいしい、といったという人に疑問がわくのであった。

そして、ぽつり。

父:おい、スパゲッティーはご飯か?

私:まぁそんな役割っていうこと。

父:青いのに?

私:青い ??? まぁ、青いパスタもあるけどねぇ。 ??(゜゜)

父:でも、野菜だろ?

私:ん??スパゲッティーは野菜じゃないよ! 
ねぇ、もう一度聞くけど、スパゲッティーの話だよね??

・・・・・ここで父、大爆笑で突然立ち上がる・・・・・・

父:おい、お前、違うぞ、あはは、スパゲッティーじゃないや。アスパラガスだった!わはは、いやぁ、あきれるなぁ。

私:あきれるのは、私です。(-.-)

というわけで、相変わらずな父娘です。


私のサイト、FromBerlinへは
こちらから。http://www.rikakomurata.com

2009年12月24日

メリークリスマス!!!

パリから愛をこめて♪

素敵なクリスマスをお過ごしくださいね

Site.jpg

2009年12月19日

ただ今のベルリンは・・・

マイナス14度

でございます。

((((~~▽~~ ;)))ブルブルブル

何よりも、乾燥がすごい。手足も唇もバリバリになるうえ、
ピアノを弾くので指先が指紋のところからぱっくりと開いて
それはそれは痛い・・・。

思い出すなぁ、私が留学始めた年。96年。あの時はマイナス20度以下になっていた。
今年も来るのだろうか・・・。

2009年12月16日

意味のある練習をする ~軽さ(3)

ふたの上と鍵盤でのギャップの話に戻ろう。ふたの上でできたなら、鍵盤でもできるはず。そのためには、こういう練習が良いと思う。

1)まず、ふたの上で素早く軽い打鍵でソファミレドと弾いてみて、感覚を見つける。

2)ふたを開け、ピアノの中央より1オクターヴ高いところのソファミレドの鍵盤を、左手で下までおろす。(写真ではファミレド)
%E8%BB%BD%E3%81%95%EF%BC%92.jpg

3)下ろしたまま(つまり鍵盤が動かないようにして)、右手でソファミレドを弾く。―この時、ふたの上での感覚と同じ感覚を鍵盤の底で感じてみる。

%E8%BB%BD%E3%81%95%EF%BC%91.jpg

4)感じられたら、左手を放し、普通に弾くが、鍵盤の表面ではなく《底に》意識を集中させて、鍵盤の動きに惑わされず底を<ふたの上の時と同じように感じて>打鍵する。

これを繰り返すと、鍵盤の動きに惑わされず底を打鍵する感覚がわかるのではないだろうか。決して押し込むのではなく、底を“ぽん”とつかむだけ。
また、ふたの上で弾く時とは違い、鍵盤が上に戻ろうとする力があるので、
ふたの上で弾いた時よりも、若干だが<速い>打鍵が必要とされることに気がついたのではないかな。そうでないと、鍵盤からの戻りの力に負けて、浮いた感覚になってしまうのだ。水圧に負けて、足がプールの底につかないようなものである。
軽く弾こうとするためにしていまう大きな間違いの一つは、指先を抜いてしまうこと。そうすることで、鍵盤の戻りに負けて、浮足立ってしまうケースが多い。反対に、指先をしっかりさせ、短く速い打鍵を鍵盤の底に送り込むことが必要だったわけだ。

そして、もうひとつ軽い音の連続を弾く時に、指や体がうわずってくるのを避ける大切なポイントは、耳も指も“メロディックに追うこと”。もう少し詳しく説明してみよう。

軽くしかも速い打鍵をするとき、どちらかというとノンレガートのような打鍵に近くなる。そうすることで、指から指へと移す感覚が切れてしまい、いつもつま先立ちしているような印象になりがちだ。それが不安定さ、つまり”怖い・・”と印象を生むことになる。それを避ける為に、実際はスタッカートで鍵盤から指が離れている場所ですらも、鍵盤の底をメロディックに、つまり横に追ってみよう。そうすることで感覚としては、実際に指が残っていようがスタッカートで切れていようが、先ほどの練習で得た“鍵盤の底のラインを追って弾いている”ように感じられたらかなりの安心感が出るはず。みなさん一緒に探してみましょう!


私のサイトFromBerlinへは
こちらからhttp://www.rikakomurata.com