« 2008年7月 | メイン | 2008年9月 »

2008年8月31日

へえぇ (・o・)

フランスでは、演奏会の直前の人にエールを送る言葉として、

メルドゥ

と言う習慣がある。がんばってね、とか幸運を祈るね、の意味合いで使うのだけど、おまじないに近い言葉。で、言われたほうは、"ありがとう“と言ってはいけないという話も聞いたことがある。ありがとうと言ってしまうと、効果が薄れるとか。

この<メルドゥ>という言葉は、実は非常に美しくない言葉で、本来の意味は
なんと、

糞(クソ) 

である。書くのも恥ずかしい・・・(* v v)。 ハズカシ

なんでこんな言葉がエールになったんだろうとずっと疑問だった。もちろんDに聞いたところ

知らない (◎-◎)

と言われただけだった。そんなある日、Dの友人から面白い話を聞いた。

その昔、パリの街でまだ車もなく、馬や馬車で移動していた時代。馬さまは、周りに遠慮もなく、道にぽたぽたと、フンを落として歩いていた。馬の数が多かっただろうから、当時のパリは相当汚かったに違いない。

演奏会や、オペラ、演劇など催しがある時は、たくさんの人出があると、当然会場の前に馬が集まるから、フンがたっくさん会場前に落ちていることになる。
つまり、フンがたくさんあるということは、お客さんが大勢来たということでおめでたいわけだ。

そういうところから、たくさんのお客さんが集まる→成功という意味で、
成功を祈るね、という代わりに、
メルドゥ
という様になったらしい。

ほぉ(・o・)

とすっごく納得した。でも、先日の演奏会の前にやはり

とっても大きなメルドゥを送るわ♪

といわれた時、やはりどうしても清潔感を感じられないのは私だけだろうか・・。


私のサイトFrom Berlinへは
こちらからhttp://www.rikakomurata.com


2008年8月29日

メシアン万歳

やっぱり連れて行かれた・・・。メシアンの世界。
これをどう表現すればよいのか、言葉にすることをためらってしまうぐらいだ。

11月30日に東京文化会館でPascal DEVOYONと共に演奏させていただくメシアンのアーメンの幻影。
全47分という超大曲なのであるが、これはまれに見る傑作だと確信している。

これまで2回演奏させていただく機会があった。その度に、メシアンが演奏者、そして聴
衆両方を彼の世界にすーっと連れて行ってくれる。本当に信じられない効果だ。そして今回3回目となるオランダで演奏させていただいた。今回もやはり、終わった後の弾き手、聴き手の充実感といったら、何にも代えがたいものである。

メシアン・・・と聞くと、これまで私の中で"現代作曲家”=よくわからない
という先入観があった。でも、この作品に接して初めて、本物の<芸術>というものの魅力を再認識させられた。

音楽に詳しくても、そうでなくても良い。メシアンが連れて行ってくれるから、何も構え
る必要もない。ただ、どーんとホールに座って聴いてほしい。

大曲であり、なかなか演奏機会のないこの作品は、この2008年のメシアンイヤーが過ぎる
とまた演奏機会が少なくなってしまうであろう。そういう意味でも、この3月にCDを録音できたことは本当に喜びである。本当に幸せ者だ、私は。

この機会に、是非是非是非、だまされたと思って私たちの演奏会に足を運んでほしい。メシアンは決して裏切らず、ひとりひとりの心をつかんでくれると確信している。

ご連絡は東京文化会館チケットサービスまで。
電話03-5815-5452


2008年8月28日

ミニ理夏子時代(2) 恐怖の自動ドア

私は非常に早口である。キッパリ(。・_・。)ノ
ゆっくり話そうと思っても、頭の中に話したいことがたくさん渦巻いていて、
全部いっぺんに話そうとするためか、結局速くなってしまう。

この習慣は、当然ながら小さいころからのものであり、ミニ理夏子はとてもせっかちで、おっちょこちょいなのでありました。

母とケーキ屋さんに行った時のこと。ケーキを買ってもらって大満足なミニRは、とにかく早く家に帰って食べたいとあせっていた。(・_・;)
そして、ケーキを手にするなり、くるりと向きを変え、全速力でお店から出ようとした瞬間、

バッコン ドカン!

と、いう音とともに、ミニRは跳ね返されて倒れたのでした。

(-゛-メ) ヒクヒク

そう、タイトルからもわかるように、そのお店には、自動ドアがあり、ミニRは
全速力で走った結果、自動ドアが開くよりも早く飛び出そうとし、(どんだけあわててる?)
激突したのでした。

そして、数週間後。またケーキ屋さんへ戻った時のこと。ミニRの脳みそもミニなため、当然ながら、以前の失敗は学習されていない。ケーキをもった瞬間、母がうしろから、

‐りかちゃん、気をつけ・・・・・

と言おうとしたが、時すでに遅し、またミニRは、ピクピクと倒れていたのでありました。

いやぁ、まあ、このお店で何回同じことを繰り返したことか。本当にあほである。

しかーし、このアホは、ミニR専属のものではなく、私の見解によると、家系とみられる。うちのパパは、あるファミリ―レストランのショーケースに飾られていた 大きなカニをみて、

おー、これすごいなぁ!

と覗き込もうとし、

ガンッ!!!

と、それはそれはこっぴどくショーケースのガラスにおでこを激突したのでした。
我が家の防音室の窓ガラスも、先日見た時おでこのあとがついていた。間違いなく、パパが激突したものと解釈している。遺伝だな、これは。


私のサイトFromBerlinへは
こちらからhttp://www.rikakomurata.com

2008年8月27日

周りを大切に

たとえば、楽譜にフォルテがあって、その少し後に、フォルティッシモ、更には fffが続く場所があったとする。

―クライマックスのfffとその前のffにあんまり差がないね・・・。

とアドヴァイスしてみると、99%の生徒は、fffをもう一段階出そうとこれでもかと頑張ってみる。可哀そうに、ピアノさん。もう出ないよぉ、と苦しそうな音になっている。で、生徒の方は、

―先生、このピアノ鳴らないですね。 
と、のたまう。

または、スフォルツァンド。

―もう少しスフォルツァンドらしく、その音がはっきりと際立つようにできると良いね。

とのアドヴァイスには、エイっとその音を鋭く打鍵してみてくれるけど、どうしても硬くなったり大き過ぎたりして、やっぱり首をかしげている。

もうひとつ。
―ここから、生き生きと動き出す感じがもっと欲しいな。

とアドヴァイスしてもると、さらに生き生きと体を動かして演奏したり、テンポが知らないうちに速くなったりしてしまう。

何が間違ってる??

上の例を良くみてみると、すべて
-fffをff ”より”も大きく聴こえさせたい
-スフォルツァンドが、”他の音より”ぽんと目立っていたい。
-ここから”今までより”生き生きさせたい。

と、○○より大きく

など、他と<比較>しての効果だ。つまり、前後を<比べて>始めて現れる効果なわけだから、その音だけ頑張っていても仕方がない。ちょっとピアノから離れた例を挙げてみよう。

たとえば、紙に描いた絵。その中にある“花”一輪を目立たせたいとする。その場合、どんな色にする?と聞いてみると、

赤く塗る!!

と返事がきた。 でも、ほんと?

良く考えてみて。画用紙が、赤かもしれないよね?

あるいは、別の例を見てみよう。

人がたくさんいるところで、目立つためにはどうする? ジャンプしながら手を振る?
でも、周りみんなが同じことしてたら?

さらに、もう一つ。
演奏会で、演奏が始まる直前に、お客さんがホールに入って来て座ったら、すっごく目立ってしまう。でも、コンサートの休憩中に入って来て座っても何も目立たない。

どうして?


それは、演奏が始まる直前の場合、みんなが座ってじっとしているのに、一人だけ動いて入って来るから目立ってしまう。でも休憩のときは、みんな好きに動いたりしゃべったりしてるから入ってきても全然目立たない。

これで何を伝えたいかわかってもらえるだろうか。
あるものを際立たせたい場合、その音をがんばる方法以外に、周りを調整するという方法があるということだ。周りを下げれば、浮き立つかもしれない。直前のキャラクターが静かであれば、ここから生き生き聞こえるかもしれない。
スフォルツァンドがうまく際立っていないなら、その前の音が大きすぎるんじゃないかな。
fffが足りないなら、その前のffが大きすぎるとか。
ここから生き生きして聞こえないのは、その前がすでに生き生きしてしまってるからじゃない??

絵と同じで、いつも一歩さがって前後とのバランスをいつも見るようにしてほしい。
簡単なことのようで、意外とおろそかになっていないかな。

私のサイトFROM BERLINへは
こちらからhttp://www.rikakomurata.com

2008年8月26日

遅すぎなんてない

クールシュヴェール夏期国際講習会で一ヶ月強、生徒さんとともに勉強させていただいた。
そんななか、とても驚いた会話があった。あるフランス人の生徒さんとのレッスンで、
演奏の基本となる根本の話でレッスンをした時のことだ。

-本当に本当に勉強になりました。長いこと、このような根本に返って考え直したレッスンを受けたかったのだけど、実は怖くて、そんな話を先生にできませんでした

と言う。私はものすごく驚いた。

私:怖くて・・・って何が怖かったの?
彼:こんなこと今更聞いたら恥ずかしいし、他の人より遅れをとってると思われてしまうかと思って。

彼は30歳だ。こんな年になって今更基礎をなんて恥ずかしく、先生に遅れているとみなされるのが怖かったという。

ふと、彼の発言で気になった。こんな風に感じている人が他にも実はたくさんいるのではないだろうか。私は、普段のレッスンでもそうだけれど、今回のCourchevelでも、根本に戻ることの大切さをいろんな人に話してきた。
基礎に返ることは、決して遅れることでも、戻ることでもない。むしろ不可欠で、定期的に基礎に戻った確認をしてほしいぐらいだ。基礎ができていなくて、何を表現できるというのだろう。音楽は音がすべて。音ですべてを表現する。その方法があいまいでは、いくら音楽性があると言ったところで、何にもならない。
その子にも、話したことだけれど、ここにも是非ひとこと書いておきたい。

今さら・・・なんてない。基礎を学ぶことに、遅すぎも早すぎもない。

本人が、今基礎を勉強しなければと自覚したときこそがベストタイミングなのだ

ということを。


私のサイトFrom Berlinへは
こちらからhttp://www.rikakomurata.com

2008年8月24日

共存

えーっと、わたくしは今オランダです。例年同様、フランスアルプスのクールシュヴェール夏期国際音楽講習会に5週間どっぷりと滞在し、生徒さんからたくさん勉強させてもらい、その後昨日からは、Dと二人での仕事のため、オランダのとある町に移動してきたところなのです。

ここでの滞在先は、ホテルではなく、とある方のお宅。森の中にひっそりとたっている一軒家。いやぁ、普段ベルリンの町中でアパートに住んでいる私には、森の中の一軒家生活は、まったくの別世界。

緑や、小川、小鳥のさえずり・・・・そんなステキな森のなかの一軒家。幸せだぁ♪
ルンルン♪

る・・・・・・ん?

(∵) ん?

そんなわけなーい!(>_<")

私のブログで、そーんなうまい話があるわけがないわけだ。
えぇ、えぇ、もちろん緑はあり、そして小鳥はおります。

しかーし!それ以外のものもいるわけです。
それは、

とある 虫。 正確には 虫たち。

それは私とDが最も苦手とする野郎(以下K)である。普段から、ドイツの住まいでも、Kが家に出現した日には、私とDは大騒ぎ。靴を持って、狙いを定め、 エイ!と一撃。といっても、実際は恐怖のため、この一撃にたどりつくまで相当時間がかかったうえ、そのあとコロンところがったKを、すでに命がないのにもかかわらず、触ることができず、二人で震えている始末である。

Dがいない日には、悲しいかな、私が戦うことになり、靴を持って(もちろん、選ぶのはDの靴です。(-ω-)/キッパリ)最初のうち30分ぐらいは勇気が出ないままKを見つめる羽目になっており、ひどい時には一人では無理なため、友達の勇気をも借りようと、電話をし、片手に電話を持って、生中継しつつ応援をもらいながら "エイ"といくのでした。

このKが、この森の家には山のようにいるのである。しかーも、サイズが並ではない。

特大

である。私たちが使わせてもらっているバスルームは、電話ボックス一個半ほどの超ミニサイズ。この中にシャワーと洗面台と、トイレがある。当然一人以上入れない。

この狭いバスルームに、昨日到着してすぐの時点で、10匹はいた。しかも一人(?!)当たり、直径4-5センチサイズ。人間は一人しか入れないバスルームにこんなにたくさんも住み着くなんて、生意気だ。(-"-)

そういうわけで、私たちはこの家に来る前から緊張をしているわけだが、それでも到着し、家主であるマダムに、ふたりでできる限り最大のにっこにこ笑顔で挨拶し、少しお茶をいただいたあと、マダムに"また明日ね"とごあいさつ。

そして、私とDはくるりと向きを変え、二人で顔を見合わせた。ふたりとも

<超、"真顔">

である。語らずとも、われわれは、


いざ、戦場へ・・・。という気合いの確認なのであった。

といっても、戦場へ向かっていただくのは、
もちろんDである。(= ̄∇ ̄=) ニィ

バン、ドン、うぉー、ひぃぃぃ・・・という戦いの音(弱そ・・)が聞こえた後、Dは靴を持って誇らしげに出てきた。

ありがとう、Dよ。この時こそ、男らしく見えたぞ。

ちなみに、Kと闘う時と、固いビンの蓋を開けてもらった時、私はDの男らしさをたたえている。(←それだけ?)

Kとの共同生活、あと数日の辛抱だ・・・

PS.この家主マダム、ここの森は、私の所有物なの♪というので、Dが
何平米あるんですか?とたずねたところ、
6ヘクタール
と返事が返っていた。平米・・・ではなかったらしい。規模が違う・・。


私のサイトFromBerlinへは
こちらからhttp://www.rikakomurata.com

2008年8月 5日

ミニ理夏子 1) 内緒話?

小さいころ、この上なく牛乳と睡眠が大好きだった私(牛乳は毎日1リットルは飲んでいたと思う)は、その結果?!メキメキと成長し、日本の電車のつり革には、当然と言ってよいほど頭がぶつかる身長まで伸びてしまった。でも、その私にだって、もちろん”小さい”頃というのがあったのである。(=`^´=)エッヘン

・・・・・・(・_・;)


(=`^´=)エッヘン


と書いたものの、思い出す話は、おっちょこちょい話ばかりである。

私には3つ違いの兄がいる。兄弟というものは、生存競争が激しいものだ。私が生意気を言ったせいで、兄の機嫌の雲行きがおかしくなり、私の立場が悪くなったりすると、もう勝ち目はない。

そこで、ミニチュアRはある時、

ミニR:そうだママに見方になってもらおう  (。・_・。)ノ

と、小さい脳みそで考え付いたのであった。
で、その手段とは、

R:お兄ちゃんが意地悪する!

と、自分の生意気を棚に上げ、母親に内緒で告げ口をすることであった。
我ながら可愛げのないガキである。

しかし、ミニRは、もちろん脳みそもミニチュア。この作戦の結果、
待っていたのは悲劇であった。

ある時、やはり私の発言のせいで雲行きが悪くなったとき、ここぞとばかりに、
さささ・・・っ  ,,,,,,,,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
と母親の横に行き、こそこそっと母の耳に

ミニR:お兄ちゃんが意地悪する

と囁いた・・・

つもりであった。

が、(・_・;)

その直後、つかつかっと近づいてきた兄に

ポカっ 

と叩かれたのでした。

ミニR:なんで、お兄ちゃんに聞こえちゃったんだろう。(;^_^A アセアセ・・・

なーんと、わたくし、ミニRは、
耳と耳をくっつけて話をしていたのでした。つまり、母親の横に並び、母の耳に私の耳をくっつけ、 

お兄ちゃんがね~  ( ̄- ̄)
と得意げに告げ口していたのである。当然、みんなに聞こえたわけだ。

それにしても、アホである。

というわけで、ミニRはさらに苦戦を強いられることになったのでした。


私のサイトFromBerlinへは
こちらからhttp://www.rikakomurata.com