« 2008年3月 | メイン | 2008年5月 »

2008年4月25日

ふむ・・。

時々、外国人からふとされる質問に戸惑うことがある。
この間、ある日本のレストランで、私が

“お水をください”

と言ったのを聞いた韓国人の友人Kが

K: ねえ、お水の “お” って何? と。

すかさず私は

―丁寧語だよ。(^。^)

と回答。

K:でも、なんで人間じゃなくて、物に対して丁寧に話すの?

私:物に対してというより、その方が会話がエレガントになるから。ほら、"みず“っていうよりね。

K:でもさ、机をお机とはいわないでしょ?お学校とか・・・

私:ん・・うーん。(;^_^A アセアセ・・・

(。・_・。)ノ はい、わかりません  ←私、そそくさと降参

てなわけ。確かにそうだけど、疑問を持つ視点に驚く。

先日は、ある演奏会を聴いていて、1曲目が終わった直後、ぱちぱちと拍手をしていたら、隣にいたルーマニアの友人が

―ねえ、“か”と“こ”ってどう違うの?

私:へ??
友人:ほら、YurikoとYurikaとかのoとaの違いって何?

(私の心の中)
って、私たちいま演奏会だよねぇ・・・。なんでまたそんな質問が。(+_+)

ちなみに、私はこう答えておきました。

―――それは、oとaっていうより、“子”と“か”では、漢字が違うんだよ。
子は基本的に、“女の子”という意味でつけることが多いけど、“か”は漢字によって華(はな)とか香(かおり)とか、いろんな意味合いがあるんだ。Oとaとかじゃなくて、使う意味が違う

友人:へえ。なるほど。

ってこの会話、演奏会の曲と曲の間に行われたわけ。あまりに突拍子もないところから、音楽と全く関係ない質問が来るから、落ち着いて聴いてられない・・・。

そういえば、フランス語でもある。
Pas terribleという言い回し。Pasは否定の言葉(英語でいうnot)で、terribleは英語と同じで“ひどい”。なので、普通に考えると、pas terribleは 悪くない わけだ。

私がベルリンに来て間もないころ、レッスンで演奏して、師匠であったDに
―Pas terrible―

といわれるたびに、あ、悪くないんだ! (^。^)
と喜んで帰っていたのでした。

で、数ヶ月後、本当の意味を知った時の衝撃は・・・・

Pas terribleは “良くないねぇ”、あるいは “良いとは言えないねぇ“ という言い回しなのでした。(>_<”)

こら、まぎらわしいぞ、フランス語!

2008年4月24日

ドイツで歯医者さん(2)

く…来る…とうとう来てしまう、恐怖のXデーが。もう数ヶ月前から、緊張しっぱなしである。

そう、お・や・し・ら・ずを抜く日がとうとう来てしまったのだ。

よりにもよってなぜか、“こどもの日”。カレンダーを見るたび、はぁ・・((+_+))と
ため息ばかりだ。

ところで、うちの歯医者さん。前のブログにも書いたように、アシスタントの子がなにかと面白い。とは言っても、本人はいたって真面目なわけだが。

先日、そのアシスタントの子に担当してもらった。彼女は、背が小さい。で、小さい彼女が診療するための椅子に座るとさらに当然低くなる。その場合、私たち患者としては、彼女が自分の椅子の高さをあげてくれれば良いのであるが、彼女はなにしろ生まれ持ってのマイペース。診療台に寝ている私の口の高さが彼女の背丈に合うよう、限りなく診療台を倒していくのである。

診療室のシステムは、ドイツも日本と全く同じ。診療台に座って、治療を始めるとき椅子の背を倒していくのだけれど、普通180度まで倒すことすら珍しいと思うんだよな。でも彼女は220度ぐらいまで倒す。どういうことかわかります?つまり頭のほうが足より低くなるまで倒すわけですよ。頭に血がのぼるじゃん!そう。本当に頭に血がのぼっている(下がっている??)こと多々あり。なわけです。

で、彼女(以下A)は治療中ふと、自分の世界に飛んで行ってしまう。その日もまた、ガーっと治療中、ふと彼女が手を止めた。そして、飛んで行った・・・・・・

A:私ね、音楽って素敵だと思うわ。クラシックを聴くのがすごく好きなの。

私:んが・・・(口の中に、つばを吸い取るものを突っ込まれておりますんで、こうしかしゃべれません。)ちなみに、んが=そうですねぇ。(訳)

A:私、全然自分では演奏できないけど、いろいろ聴くのよ♪

私:がぁ・・・ (訳=そうですかぁ) 

A:この間なんてね、交響曲を聴いたの。ベルリオーズの!

私:ほへ・・・ (訳=へぇ)    *心の声:って、えらいマニアだな、趣味が。

A:あの曲には、愛を感じるわ!愛よ愛!すてきねぇ・・・・(* ̄。 ̄*)ウットリ

私:・・・・・            

どうでも良いが、血がのぼる・・・と苦しんでいたところ、彼女は我にかえり、また無言で、がーがーごりごり治療を始めたのであった。

こんな歯医者で私は、こどもの日に歯を抜くのである。うぅ・・いやだぁ・・・。

私のサイトFromBerlinへは
こちらからhttp://www.rikakomurata.com