村長&副村長の紹介



Pascal DEVOYON プロフィール
リーズ国際コンクール、ヴィオッティ国際コンクールなど名だたる国際コンクール上位入賞に加え、1978年のチャイコフスキー国際コンクールでは、フランス人ピアニストとして過去最高位となる第2位を獲得。世界にその名を知らしめることとなった。 ベートーヴェンピアノソナタ全曲演奏から、バルトーク、メシアンまでレパートリーは多彩で幅広く、ピアノコンチェルトのレパートリーも50曲を超える。これまでNHK交響楽団、ロンドンフィルハーモニック、ロッテルダムフィルハーモニック、パリ響をはじめとする世界の名だたるオーケストラとの共演を重ねる。世界各地での演奏会はいずれも絶賛を博す。 室内楽も大きな位置を占め、ムスティスラフ ロストロポーヴィッチ、タベア ツィンマーマン、スティーヴン イッサーリスなど著名演奏家と共演。近年では夫人である村田理夏子とピアノデュオを組み、本格的に活動を開始し、リリースしたCDは特選盤を受賞。すでにヨーロッパ、メキシコ、韓国など世界各地から招待を受ける。ソロ、室内楽をあわせると、これまでにリリースした録音は40を超える。 執筆活動も盛んに行い、音楽之友社より出版された著書<ピアノと仲良くなれるテクニック講座><ショパンエチュードの作り方作品10><ショパンエチュードの作り方作品25>(全村田理夏子訳)は大変な好評を博している。 パリ高等音楽院(コンセルバトワール)教授を経て、現在ベルリン芸術大学教授、英国王立音楽院(ロイヤルアカデミー)客員教授および準名誉会員、桐朋学園大学特任教授、およびMusic Alp夏期国際音楽アカデミー(フランス)の芸術監督を務める。核心をついた丁寧かつ熱心な指導法には定評があり、教えを乞う者が後を絶たない。2003年より2011年まではドミニク・メルレ氏の後任として、ジュネーヴ音楽院教授も務めた。2001年、フランス政府よりフランス芸術文化勲章“シュヴァリエ”を、2014年ロイヤルアカデミーより名誉会員称号をそれぞれ受章。 コンサートイマジン所属アーティスト。

村田理夏子プロフィール
東京藝術大学卒業後、ドイツ政府給費留学生(DAAD)としてベルリン芸術大学に留学、パスカル ドゥヴァイヨンに師事。留学中数々の奨学金を受け研鑽を積み、同大学を満場一致の最高点(1.0)で首席にて卒業、”国家演奏家コース”へ進学、国家演奏家資格を取得。マリアカナルス国際コンクール入賞、ポルトー国際ピアノコンクール第3位など数々の成功をおさめ、各地でソロリサイタル、ラジオ録音を行う。
1998年のベルリン交響楽団(Das Sinfonie Orchester Berlin)との共演が大好評を博し、以後ソリストとして毎年招待され、ベルリンフィルハーモニーホールにおけるピアノ協奏曲の公演は既に20回を超えている。
最近ではヨーロッパ最大の講習会の一つ、フランスのMusicAlp夏期国際音楽アカデミーに講師として参加するほか、自主企画MessageFromBerlinと題した日本でのプライベートレッスンシリーズおよび仲間と学ぶコミュニティーDevoyons'Villageが大好評を博している。
2006年からは、パスカル・ドゥヴァイヨンとピアノ・デュオ活動を本格化し世界各国で演奏。2008年と11年には日本全国ツアー演奏会を開催。これまで3枚のCDをリリースし、レコード芸術≪特選≫などを受賞。
そのほか、Pascal DEVOYONの著書<ピアノと仲良くなれるテクニック講座(音楽之友社)><ショパンエチュードの作り方>の翻訳を担当するなどその活動の幅は広い。 これまで、中川裕子, 矢部民,高良芳枝、ハリーナ・チェルニー=ステファンスカ、浜口奈々、パスカル・ドゥヴァイヨンほか各氏に師事。
現在はベルリン芸術大学講師として後進の指導にあたっている。コンサートイマジン所属。